BLOG

ブログ

☆雨と雪だと、どちらがより汚れて見えるのか…☆

日記

皆さん、こんばんは。

 

 

最近、少しずつあったかくなってきているのを肌で感じ、嬉しく思う

株式会社FATE SNS担当の古川です。

 

春や夏は「待ち遠しい」と言われるのに秋や冬は「早く過ぎてほしい」みたいな風潮がありますよね。なんでだろう…

 

 

 

さて、昨日更新しようとしていたのですが今日になってしまい、タイムリーな話題ではなくなってしまいましたが、

 

 

昨日、2月19日は二十四節気で「雨水ーうすいー」という暦でした。

 

空から降る雪が雨に変わり、雪が溶け始める頃 という意味を持ちます。

立春も過ぎ、農作業の準備の目安とされたり、ひな祭りを始める時期であったり、

本当に少しずつではありますが“春”を感じることができる季節です。

 

 

 

 

 

さてさて、FATEは車屋です。

 

この辺で「雨水」と「車」に関するお話を一つ…。

 

 

 

 

前にも述べた通り、雪が雨に変わりつつあるこの季節。

 

洗車した後に降る雪も雨も嫌ですよね、せっかく綺麗にした車が汚れちゃう。

 

特に最近は雨も雪もとても汚れていますから、白いボディのお車なら

 

どちらもすっごく目立ちますよね^^;

 

 

 

 

さて、皆さん、雨と雪だとどちらの方が汚れが気になりますか?

 

 

 

 

雪の降る地域にお住いの方は分かるかも知れませんが、

 

 

雪の方が汚れが目立ちます!!

 

 

 

空から降ってくる、同じ成分の雨と雪ですが、なぜこうも違うのか。

 

 

 

それは…

 

 

 

 

雨と一緒に降ってくる汚れは、次の雨で洗い流されます。

次から次へと雨が降る場合、水滴と一緒に地面へ流れて行きます。

(もちろん雨水が溜まるような所は汚くなりますが…)

 

 

 

雪の場合、この「流れる」という行為がないため、雨より汚れるということです。

雪は降り積もりますから、汚れも残りがちなんですね。

 

 

 

 

 

FATEでは、雨や雪による汚れが付着しにくくする“撥水コーティング”や

水の皮膜を作って汚れを目立ちにくくしる“親水コーティング”がございます。

 

 

どちらもFATEのコーティング専門のスタッフが施工し、終了しお客様のもとへ

お渡しする際には施工証明書も発行しております!

新車のような輝きをもう一度取り戻しませんか?

 

 

 

詳しくは株式会社FATE ホームページへ!